スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百山登頂記 ~(1)尾張本宮山【再】~

まめぞうです。



寒い冬も終わり、トレッキングに適した季節となったので、
4月某日にさっそく本年一発目の山へ出掛けました。
以前、第一回百山登頂記 で紹介した 「尾張本宮山」 です



本来、一度紹介した山はブログの記事にする気はないし、
その他にも5つの山を登頂済みとなってますが、
写真と記事で紹介される事が多いトレッキング記事に、
iPhone4 を購入したのでアプリのデータも含めようと思い立ちました。

従いまして、今回仕切り直しで記事を書くこととしました。









尾張本宮山(292.8m)のデータ

100mt_001_00.jpg
※クリックで拡大画像を確認出来ます。

【 尾張本宮山のまめぞう’s Analysis 】
 ・必要な装備:★☆☆☆☆(軽装)
 ・体力レベル:★☆☆☆☆(初心者)
 ・歩行距離:★☆☆☆☆(1時間弱)
 ・山頂の眺望:★★☆☆☆(見晴らし良い)
 ・オススメ度:★★★☆☆(初心者には良い)
 ・交通手段:マイカーで犬山市大懸神社(駐車場有り)へ行く









尾張本宮山(292.8m)のルート

100mt_001_01.jpg

【写真①】
 親友T.H、Y.Hと久しぶりに3人揃ってパシャリ
 写真の 「姫の宮」 の脇を通り過ぎて登山道へ向かいます。



100mt_001_02.jpg

【写真②】
 しばらく歩くと 「宮池」、「西洞池」 が右手に見えます。



100mt_001_03.jpg

【写真③】
 西洞池を過ぎ、しばらくあるくと道が左右に分岐しており、
 右手に 「姫の宮奥宮」 と書かれた鳥居と参道が見えます。



100mt_001_04.jpg

【写真④】
 鳥居をくぐると写真のような参道が400m程続きます。
 勾配もあり結構しんどいです。



100mt_001_05.jpg

【写真⑤】
 長い勾配を登り切ると、小さな 「姫の宮奥宮」が現れます。



100mt_001_06.jpg

【写真⑥】
 姫の宮奥宮の反対にある細道に従い進んでいくと 「廃墟」 が現れます。
 廃墟奥に、写真のような 「洞窟」 があり龍が祀られてました。
 一人で来たなら怖くて洞窟には入れなかったでしょうね…



100mt_001_07.jpg

【写真⑦】
 頂上付近にある展望台に到着。
 相変わらず周りを木で覆われ、役割を果たしてませんでした。



100mt_001_08.jpg

【写真⑧】
 木で出来た鳥居をくぐると、頂上まで階段が続きます。





【動画】
 頂上からの眺めです。
 往復1時間のルートにしては、満喫出来る眺望を味わえます。









スポンサーサイト

テーマ : ブログ日記
ジャンル : ブログ

百山登頂記 ~(1)尾張富士、(2)尾張本宮山~

まめぞうです。



今回は、新たにはじめた趣味についてです。



以前の旅ブログで 「白山スーパー林道」 の三方岩岳を登った記事で、
トレッキング熱が出たと記載しました。
冬を越した半年後の5月上旬、正式にトレッキングデビューしました

トレッキングをはじめた抱負としては、
死ぬまでに 「百の山を登頂する」 ことにしました
(なので表題を「百山登頂記」にしました


記念すべき第一回目は、
名古屋の北に位置し織田信長が一時期居城を構えた小牧市にある
尾張富士・尾張本宮山」 の2つの山を選択しました









尾張富士(275.0m)

trekking0001.jpg

【写真左上】
 最初に登る山は尾張富士を選択しました。
 明治村正門を右手に見ながら少し北上した所に入り口があります。
 写真でもわかる通り「本当に入り口か?」と思うくらい目立ちませんでした。
【写真右上】
 道はこんな感じで、わりと歩きやすいです。 
【写真左下】
 入り口から10分程歩くと中間地点に辿り着きました。
【写真右下】
 中間地点からさらに10分程歩くと頂上です。
 頂上は周りを木に覆われて見晴らしが良いとは言えませんが、
 東に入鹿池、西に楽田の町並みが少し広がってました。



trekking0002.jpg

【写真左上】
 尾張富士を後にし、尾張本宮山に向かうと、
 正面に入鹿池が見えてきます。
【写真右上】【写真左下】
 尾張本宮山の麓には、天然記念物のヒトツバタゴ群生地がありました。
 「ヒトツバタゴが天然記念物??」と思われた方もいると推測しますが、
 天然で自生している場合は超希少なので、天然記念物に指定されてるそうです。
(自生するヒトツバタゴは、東海地方の一部地域と対馬のみだそうです)
【写真右下】
 ヒトツバタゴ群生地を過ぎ2~3分歩くと池の横に標識があります。
 写真左に進むと「①信貴山経由で尾張本宮山」へ、
 写真右奥に進むと「②直接尾張本宮山」へのルートとなります。
 今回は①のルートを選びました。









尾張本宮山(292.8m)

trekking0003.jpg

【写真左上】
 今回は①のルートを選びましたが、
 途中で藤の木が倒れていて通れず引き返すことに…
【写真右上】
 途中にあった展望台。
 しかし、周りを木々に覆われ何も展望できず…
【写真左下】
 展望台から5分ほど登ると頂上へ到着。
 標高292.8mと低めのわりには良い眺めでした。
 名古屋が誇る駅前3大ビル、優勝した中日ドラゴンズの本拠地
 ナゴヤドームも見渡すことが出来ました
【写真右下】
 もちろん、頂上では嫁・アボの手作り弁当を食べました









尾張本宮山の眺望











評価

【尾張富士】
 ・体力レベル:初心者でOK
 ・必要な装備:運動向きな軽装でOK
 ・山頂の眺望:少し見える
 ・オススメ度:★★★☆☆
 ・備考   :その気になったら行って登るのにちょうどいい

【尾張本宮山】
 ・体力レベル:初心者でOK
 ・必要な装備:運動向きな軽装でOK
 ・山頂の眺望:標高の割りに見晴らしが良い
 ・オススメ度:★★★☆☆
 ・備考   :見晴らしだけなら★四つだが、途中の登頂路がオフロードバイクの
        ドライブルートも兼ねており、トレッキングの楽しみの一つである、
        自然の中を歩く楽しみを味わえないため★マイナス1









テーマ : ブログ日記
ジャンル : ブログ

プロフィール

                 まめぞう&アボガディー

Author:                 まめぞう&アボガディー
我が家の記録を綴る。

カレンダー
01 ≪│2017/03│≫ 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カウンター
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
RSSフィード
ブログ内検索
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
I LOVE EARTH
WWF Japan
WWF Japan
ウェザーニュース
J1順位表
Myコミック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。